MENU

競馬騎手のレースにおける獲得賞金の取り分はどれくらい?その他の収入を徹底解説!

競馬騎手・ジョッキーのレースにおける賞金の取り分はいくら?他の収入も徹底解説

獲得賞金4億円。

これは日本競馬の中で、獲得賞金が最も多いレースの賞金額です。

この4億円、一体どれくらいの金額が騎手に支払われるかご存じでしょうか?

「実際に馬に乗って勝たせたのは騎手だし、半分はもらえるでしょ!」、「いやいや、やっぱりその馬を所有している馬主がたくさんもらえるんじゃない?」

あなたはどう予想しますか?

この記事を読むと、その「獲得賞金の騎手の取り分」についての疑問を解決できます!

この記事をざっくり言うと…
・JRAと地方競馬騎手の獲得賞金の取り分が分かる!
・レース以外で得られる騎手の収入源が分かる!
・騎手の平均年収と最新版獲得賞金ランキングが分かる!

目次

騎手(ジョッキー)が得られる取り分は、獲得賞金の5%

騎手(ジョッキー)の主な収入はもちろん、レースで騎乗した競走馬を勝たせたり、入着させることで得られます。

このお金を「進上金」と言うのですが、この進上金の解説と併せ、実際のレースを例に挙げ騎手の獲得賞金の取り分を説明していきます。

進上金について

進上金とは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単に言うと「賞金を獲得した馬主が調教師や厩務員、騎手に手渡す成功報酬」のことです。

  • 調教師さん、良い調教をつけてくれてありがとう
  • 厩務員さん、いつもお世話してくれてありがとう
  • 騎手の方、良い騎乗をしてくれてありがとう

などといった、馬主の感謝の気持ちが「進上金」です。

つまり、獲得賞金は一旦全額馬主に支払われ、馬主から調教師・厩務員・騎手に配分されるということですね。

中央競馬(JRA)における騎手の獲得賞金の取り分

今お話しした通り、レースで得た獲得賞金は、レースに関わった関係者で按分されます。その按分率は下の通りです。

馬主調教師厩務員騎手
80%10%5%5%

見てわかるように、騎手の取り分は全体の5%です。

例えば、1着獲得賞金が1,000万円のレースに優勝し、馬主・調教師・厩務員・騎手で進上金を按分した場合、馬主の取り分は800万円で、騎手の取り分は50万円です。

どうでしょう?多いと感じますか?それとも少ないと感じますか?

それでは実際のレースを例に挙げて騎手の進上金を見てみましょう。

レース名1着獲得賞金騎手賞金取り分(5%)
有馬記念・ジャパンC4億円2,000万円
日本ダービー・宝塚記念2億円1,000万円
阪神ジュベナイルフィリーズ6,500万円325万円

現在のJRAにおける1着獲得賞金の最高額である有馬記念やジャパンカップと、逆に1着獲得賞金がGⅠ最低額の阪神ジュベナイルフィリーズをあえて同じ表に入れてみました。

こう見ると同じグレードのレースでも、獲得賞金に応じて大きく騎手の取り分は変わってくることが、改めてわかりますね。

障害競走の場合、取り分は変わってくる

実は障害競走の場合、騎手の取り分は変わり、5%ではなく7%に引き上げられます。

これは、平坦コースを走る平地競走よりも、障害物を飛越したり長距離を走る分、落馬の可能性が高くなることが理由です。

障害競走も1つレースの例を挙げてみましょう。

中山グランドジャンプ(GⅠ)の1着獲得賞金は6,600万円。

その5%が進上金として騎手の取り分になるので、330万円です。

オジュウチョウサンで6度もこの中山グランドジャンプを勝利している石神騎手は、都度330万円をもらっていたということですね!

地方競馬における騎手の獲得賞金の取り分

ここまでJRAにおける騎手の獲得賞金について解説してきましたが、地方競馬において獲得賞金の取り分はどうなっているのか気になりませんか?

答えは、JRAと同じく地方競馬騎手の獲得賞金の取り分も5%です。

それでは、実際のレースをいくつか例に挙げてみましょう。

レース名競馬場名1着獲得賞金騎手賞金取り分(5%)
東京大賞典大井競馬場1億円500万円
帝王賞大井競馬場8,000万円400万円
南部杯盛岡競馬場6,000万円300万円

地方競馬における1着獲得賞金のベスト3をまとめてみました。

地方競馬も取り分はJRAと変わらないが・・・

JRAの騎手同様、進上金の按分率は同じく5%ですが、実は地方競馬の騎手は得られる収入が少ない傾向にあります。

先ほどの表をご覧になってお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、地方競馬における1レースあたりの獲得賞金は、JRAに比べると少額であることがわかります。

地方競馬では1億円を超える獲得賞金のレースは限られた数しかなく、獲得賞金が数百万円というレースも少なくありません。

中には1着獲得賞金が数十万円で、例えレースに勝利しても騎手の取り分は数千円というレースもあります。

そして驚くべきは、この獲得賞金額は2022年から増額されてのこの金額であり、2021年以前はこれよりも2,000万円ほど少ない獲得賞金でした。文字通りケタが違いますよね。

そのため、同じく1つのレースで賞金を獲得しても、進上金として得られる収入が少ないことになります。

地方競馬の騎手は苦労している人も多いといった声も聞きますので、ぜひとも頑張ってもらいたいですね!

まだある!騎手が賞金の他に得られる収入!

これまで、騎手がレースに出走して得られる進上金について解説してきました。

ここからは、進上金以外の騎手の収入源について紹介していきます。

騎手の主な進上金以外の収入源は「騎乗手当・騎乗奨励手当」「騎乗契約料」「調教騎乗料」「その他の収入」があります。

1つ1つ掘り下げていきましょう。

騎乗手当・騎手奨励手当について

この手当は、騎乗した競走馬が賞金を獲得できたか否かに関わらず、レースに出走した時点で騎手が得られる手当です。

成果報酬として馬主から支払われる進上金とは違い、この手当はJRAから支払われます。

手当の金額はレースのグレード、平地競走か障害競走かによって定められ、ベテラン騎手も新人騎手も変わらず、一定額が得られます。

金額については下記の通りです。

平地競争の場合

G1・・・~63,000円
その他の重賞・・・~43,000円
その他の競争・・・~26,000円

障害競走

G1・・・~144,200円
その他の重賞・・・~144,200円
その他の競争・・・~74,200円

この金額に騎手奨励手当として15,500円が追加され、1レースごとに騎手に手当として支給されています。

走って帰ってくるだけでこんなにもらえるの!?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、命の危険が常につきまとっている馬上なので、もしかすると安いくらいなのかもしれませんね。

騎乗契約料について

特定の厩舎と契約を結んでおり、その厩舎が管理する競走馬に騎乗した場合に、厩舎から支払われる報酬です。

金額については契約する厩舎や、騎手によって異なります。

いわゆるフリーといわれるどこの厩舎とも契約を結んでいない騎手は、この報酬は発生しません。

調教騎乗料について

読んで字のごとく、調教をつけた際に発生する報酬です。

基本的には、厩舎に所属しないフリーの騎手に支払われますが、金額は1回の騎乗で数千円と言われています。

その他の収入について

騎手の収入は競馬場や厩舎の中だけで得られるものではありません。

トップジョッキーにもなれば、テレビや雑誌、YouTubeなどのメディアへの出演、書籍の販売など、その活動は多岐に渡ります。

メディアへの出演

地上波でも放送されている某スポーツ番組に、騎手が出演しているのをテレビで観たことがないでしょうか?

最近ではYouTubeに出演する騎手も多く、レースの展望や予想はもちろん、直近で観た動画では、「ソロキャンプしてみた」といった動画にまで出演している騎手もいました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

競馬歴20年以上、好きな馬はサイレンススズカ、ディスコードで毎週競馬予想を配信しています。

コメント

コメントする

目次