MENU

阪神大賞典2021予想|ナムラドノヴァンが激アツ!?年間回収率135%の買い目公開

阪神大賞典2021予想

2020年重賞買い目配信で年間回収率135%を達成したじなんぼーです。

今週末は阪神大賞典(G2)が開催されます。本レースは天皇賞春の前哨戦で、ゴールドシップやレインボーラインは阪神大賞典と天皇賞春を連覇しており重要なレースです。

今年の阪神大賞典は昨年の菊花賞でコントレイルと激戦を演じ続くAJCCで完勝したアリストテレスをはじめ、昨年のダービー5着、菊花賞4着とともに掲示板を確保したディープボンドや前走日経新春杯で初の重賞勝ちを果たしたオルフェーブル産駒のショウリュウイクゾ、重賞3勝で昨年の阪神大賞典を勝利した実績ナンバー1のユーキャンスマイルなどG2に相応しい豪華メンバーが集結しました。

今回も過去10年データや展開、追い切りなど様々な角度から予想していきます。

下記記事を元に阪神大賞典の予想を組み立てています

▼1月11日に開催されたフェアリーステークスの買い目配信では3連単が的中しました。フェアリーステークス2021買い目・的中

関連記事フェアリーステークス2021予想

スプリングステークスとスラワーカップの買い目配信もライン公式アカウント(旧ライン@)で行います。もちろん無料で登録できるのでまだ登録されていない方はぜひご登録下さい。

▼2020年ライン@買い目配信実績

ライン公式アカウントで僕の競馬予想方法についてもっと詳しく知りたいと言ってもらえる機会が増えたので、僕の競馬予想方法の全てをまとめたnoteを執筆しました。回収率を上げたい方には参考になると思います。

【回収率に特化した競馬予想メソッド】当てない競馬で勝つ方法(只今セール中)

https://note.com/jinanbo11/n/n461558960c85

 

じなんぼー公式ラインアカウント登録ページへ

 

目次

阪神大賞典2021

2021/3/21(日) 阪神競馬場11R

第69回 阪神大賞典(G2)  4歳上オープン(国際)(指)別定

阪神競馬場 芝右3000m阪神大賞典2021出馬表

JRA-VANより引用

阪神競馬場芝3000mコース解説

阪神競馬場芝3000m

スタート地点は向正面の直線左。2コーナーの出口付近。内回りコースのみを使用し、コーナーを6回通過して約1周半回る。最後の直線距離は356.5m。残り200m付近でゴール前の急坂。約120mの間に1.8mの勾配を駆け上がる。

脚質・・・先行有利 複勝率40.0%

枠順・・・中枠有利 複勝率42.9%

阪神大賞典2021|過去10年データ

枠順

□1枠・・・(2,0,2,6)複勝率40%

■2枠・・・(0,2,2,6)複勝率40%

3枠・・・(1,1,1,8)複勝率27%

4枠・・・(1,1,1,9)複勝率18%

5枠・・・(0,0,1,11)複勝率8%

6枠・・・(1,4,2,8)複勝率46%

7枠・・・(2,0,1,14)複勝率17%

8枠・・・(4,2,0,14)複勝率30%

※コース傾向では中枠有利だったが、過去10年のレース傾向では中枠不振

脚質

  • 逃げ馬・・・(0,1,3,9)複勝率30%
  • 先行馬・・・(10,6,3,22)複勝率46%
  • 差し馬・・・(0,2,0,16)複勝率11%
  • 追込馬・・・(0,1,4,28)複勝率15%

※先行馬有利

人気

  • 1番人気・・・(6,2,1,1)複勝率90%
  • 2番人気・・・(1,1,1,7)複勝率30%
  • 3番人気・・・(3,1,2,4)複勝率60%
  • 4番人気・・・(0,2,1,7)複勝率30%
  • 5番人気・・・(0,2,3,5)複勝率50%

※1番人気の複勝率9割と平均以上

過去5年間の3連単配当

  • 2016年・・・3,310円
  • 2017年・・・740円
  • 2018年・・・6,530円
  • 2019年・・・87,820円
  • 2020年・・・40,140円

前走レース

  • 有馬記念組・・・(4,5,1,5) 複勝率66%
  • 日経新春杯組・・・(2,0,2,5) 複勝率44%
  • AJCC組・・・(2,0,0,4) 複勝率33%
  • ダイヤモンド組・・・(1,2,3,20) 複勝率23%
  • ジャパンC組・・・(1,0,1,2) 複勝率50%

※有馬記念組、日経新春杯組が優秀

前走距離

  • 2500m組・・・(4,5,1,6) 複勝率62%
  • 2400m組・・・(3,1,4,14) 複勝率36%
  • 2200m組・・・(2,1,2,13) 複勝率27%
  • 3400m組・・・(1,2,3,20) 複勝率23%
  • 3000m組・・・(0,1,0,5) 複勝率16%

斤量

  • 1位57.0kg・・・(4,2,4,17) 複勝率37%
  • 2位56.0kg・・・(2,4,4,47) 複勝率17%
  • 3位55.0kg・・・(2,3,2,6) 複勝率53%
  • 4位58.0kg・・・(2,0,0,3) 複勝率40%
  • 5位54.0kg・・・(0,1,0,2) 複勝率33%

※55kg馬の複勝率がもっとも高く5割を超えている

世代

  • 4歳・・・(4,5,3,12) 複勝率50%
  • 5歳・・・(3,3,3,14) 複勝率39%
  • 6歳・・・(3,2,2,20) 複勝率25%
  • 7歳・・・(0,0,2,16) 複勝率11%
  • 8歳・・・(0,0,0,7) 複勝率0%

※馬齢が上がるにつれ勝率も複勝率も悪くなる傾向

東西

  • 関東馬・・・(0,2,0,17) 複勝率10%
  • 関西馬・・・(10,8,10,58) 複勝率32%

※関西馬優勢

重要データ:長距離の実績に注目

現在、JRAではGⅠの天皇賞(春)と菊花賞をはじめとして、阪神大賞典、ステイヤーズS、ダイヤモンドSと芝3000メートル以上の重賞が年に5レース行われている。それを踏まえ、過去10年の出走馬について芝3000メートル以上のJRA重賞において3着以内に入った経験の有無を調べると、その経験のあった馬が8勝と優勝馬の大半を占めている。該当馬は3着内率も45.5%と優秀で、長距離の重賞で好走した経験がある馬を狙いたい。

JRAより引用

・芝3000m以上のJRA重賞で3着以内に入った経験のある馬・・・アリストテレス、メイショウテンゲン、ユーキャンスマイル

重要データ:G1の実績に注目

過去10年の出走馬についてJRA・GⅠで3着以内に入った経験の有無を調べてみた。すると、経験のあった馬が7勝を挙げ、3着内率も46.7%と高い

JRAより引用

・G1で3着以内に入った経験がある馬・・・アドマイヤジャスタ、アリストテレス、ユーキャンスマイル

 

《PR》今週の無料予想

◎阪神大賞典/フラワーC

ココの無料予想…中山牝馬ステークスでは

1人気9ドナアトラエンテ着外読んでました!

━━━━━━━━━━━━━━

『無料予想』中山牝馬S

1着:13ランブリングアレー

2着:11ロザムール

3着:07フェアリーポルカ

7-5-6人気決着/3連複192.5倍的中

獲得額:96,250円

回収率:1925%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

昨年もシリウスSや神戸新聞杯で

回収率2000%前後の無料予想・・

波乱の3月競馬はココが頼りになります!

→阪神大賞典/フラワーCの無料予想

昨年の阪神大賞典は2-5-4人気決着◎

ここが読んだ中~大穴馬は参考になるでしょう!

過去データから狙える馬の傾向

  • 1,2,6枠
  • 先行馬
  • 1番人気
  • 4,5歳馬
  • 有馬記念組
  • 斤量55kg
  • 関西馬
  • 芝3000m以上のJRA重賞で3着以内に入った経験がある馬
  • G1で3着以内に入った経験がある馬

過去データから割引馬(消去法)の傾向

  • 4,5枠
  • 差し、追込み馬
  • 7,8歳馬
  • 関東馬

阪神大賞典2021|予想発表

◎6枠9番 アリストテレス ルメール

通算成績4-5-0-1と安定感抜群のアリストテレス。菊花賞でコントレイルと激戦を演じ続く前走AJCCで快勝。初の重賞タイトルを手にした。菊花賞で3000mを経験しておりスタミナは規格外と言われている。今回は次走の天皇賞春に向けての前哨戦だけあってメイチ仕上げではないと思われるが地力では頭一つ抜けているだろう。私は穴党だがここは正直逆らえない。

○4枠5番 ナムラドノヴァン 酒井学

激推し穴馬で紹介したとおり積極的に狙っていきたい!

▲5枠6番 ディープボンド 和田竜二

菊花賞で惜しくもクビ差4着に敗れたディープボンド。つづく前走の中山金杯では14着に敗れたが先行策が取れず全くいつもの競馬が出来ていなかったため度外視で良いだろう。今回は内枠に先行勢を密集しておりポジション的にはやや外を通らざるを得ないと思われるが、菊花賞でのスタミナと粘り強さを見た限りでは、このメンバーなら上位争い必至だろう。

阪神大賞典2021|買い目配信

レース当日13時までにアップします
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

競馬歴20年以上、好きな馬はサイレンススズカ、ディスコードで毎週競馬予想を配信しています。

コメント

コメントする

目次